生命誕生の確率

生命が誕生した奇跡

地球に生命が誕生する確率は、

「25mプールにバラバラになった腕時計の部品を入れ、水流だけで組み立てられて完成する確率と同じ」

「サルが適当にピアノの鍵盤を叩いていたらモーツァルトの曲が演奏できてしまった確率と同じ」

などと言われている。

これは極端に低い確率だということを言いたかっただけで具体的な根拠はないのだろうが、それだけ奇跡だったということが分かる。

しかも、これは「地球が存在している」ということを前提とした場合のことであり、地球が生まれる確率、宇宙が生まれる確率を考慮するとさらにずっと低い確率となる。

低い確率と言ったが、生物、地球が生まれる確率はまだしも宇宙が生まれる確率というのは「低い」ではなく「ゼロ」ではないか、という問題もある。

ビッグバン仮説 宇宙の起源として最も有力とされている説が「ビッグバン」だ。 誰しも聞いたことがあるだろう。 簡単に分かりやすく...

これほどの奇跡(というか不可能な現象)が自然に起こることがあり得るだろうか?

誰か上位の存在がいて、その存在が設計して世界を作ったという方がよっぽど可能性のある説ではないだろうか。

生命誕生、宇宙誕生の他にも偶然とは思えないようなうまくできすぎている事象が数多くある。

上位の存在の設計なしにこの世界が作られたとは考えにくい。

次の記事

人間の存在は必然であるという考え方 我々人間が存在しているのは奇跡だ、偶然ではあり得ないと前回の記事では述べた。 し...
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする